暮らしバスクシャツ開発トーク vol.07 ハンガー干し

このコーナーでは暮らしバスクシャツを開発する中で考えた事ことやり取りされた会話を記事に起こしながら開発のストーリーを紹介していきます。

Vol.06 ハンガー干し

まずはハンガー干しの問題。これは2つのアイディアでハンガー干しによる型崩れを和らげることにした。

一つが旅行向けTシャツでも採用した首周りの補強だ。バスクシャツはボートネックのためハンガーに接地する面積丸首のカット―と比べて小さい。まぁ首が伸びやすわけだ。そこで首周りは最低限の伸縮性を残し補強を入れ伸びにくいように補強した。これでバスクシャツの首の補強部にもバスクシャツの自重がかかりハンガーの先端が肩にかかる力を和らげているわけだ。

もう一つが肩の部分だけ生地を2枚使いする仕様だ。単純にして明快。肩の部分だけ2倍の強度だ。

 

 

 

暮らしバスクシャツ開発トーク vol.07 ハンガー干しkatarite
00